本文へスキップ
石川県金沢市の『あい動物病院』です。
診療動物 犬・猫・ウサギ・飼育鳥・ハムスター・リス・チンチラ・モルモット・フェレット

往診・ご予約・お問い合わせはTEL.076-208-3559

〒920-0058 石川県金沢市示野中町1丁目6番地

<診療時間>午前8:30(受付は8:00から)〜12:00 午後15:00〜18:30 <休診日>水曜  

あい動物病院 | 金沢市 Home>鳥の診療

鳥の診療BIRDS


マクロラブダス症(メガバクテリア症)

 以前は、原因微生物が”大きな細菌”だと考えられており『メガバクテリア』と呼ばれていましたが、2000年にその正体が”真菌(酵母)”であることが判明し『マクロラブダス』または『AGY(Avian Gastric Yeast)』と呼ばれるようになりました。
 セキセイインコに広く蔓延(27~64%)しており、その他コザクラインコ、ボタンインコ、オカメインコ、ブンチョウにも認められます。
 軽度な感染では無症状ですが、進行すると胃炎が起こり、嘔吐・下痢・粒便(筋胃の機能異常による)といった症状を示します。また、胃がんの原因になるとも考えられており、少量のマクロラブダスしか見られなくても必ず治療を行わなければなりません
 治療は内服薬にておこないますが、胃粘膜内深くに存在するため、排便中にマクロラブダスが見られなくなってからも1ヶ月間は薬の投薬が必要です。
 糞便検査で見逃されていることも少なくないため、慢性的な消化器症状でお悩みの方は一度ご相談ください。
中央の細長い微生物がマクロラブダスです。
周りの細菌に比べると大きなことからメガバクテリアとも呼ばれていましたが、真菌(酵母)であることがわかりマクロラブダス、AGYなどと呼ばれるようになりました。


卵詰まり(卵塞・卵停滞)

 卵が卵管から正常に産出されない状態を卵詰まりと言います。正常では排卵から24時間以内に産卵が行われるため、腹部に卵が確認できてから24時間以内に産出されない場合、卵詰まりと判断します。なお、鳥は異性がいなくても無精卵を産むので、異性がいないからと言って卵詰まりは否定できません
 卵詰まりになると、膨羽してうずくまる、食欲不振、呼吸数の増加、イキミといった症状がみられます。また、卵による坐骨神経の圧迫により足麻痺が生じることもあります。
 治療は、カルシウム剤の投与や手で圧迫することで卵の排出を試みますが、それでも卵の排出が困難な場合は、手術で卵と一緒に卵管の摘出を行います。
卵詰まりは、発見が遅れると命に関わる疾患です。発情中に急に体調を崩した場合は早めにご相談ください。
手術により摘出した卵管と卵管の中にあった割れた卵

卵詰まりでは、カルシウムの不足で卵の殻が薄く割れてしまうケースがあります。卵が割れてしまった場合、手術による卵管摘出が推奨されます。

※写真は血の苦手な方のために白黒加工しています。

スタッフ写真

clinic info.病院情報

あい動物病院

〒920-0058
石川県金沢市示野中町1丁目6番地
TEL.076-208-3559
→アクセス


診療時間





アイペットペット保険対応動物病院

ペットの森 - ペットの情報サイト  calooペット

第一種動物取扱業登録証
事業所の名称 あい動物病院
 事業所の所在地  石川県金沢市示野中町1丁目6番地
 登録に係る第一種動物取扱業の種別  保管
 動物取扱責任者の氏名  又田 崇史
 登録番号 第114B008号 
 登録の年月日  平成27年3月16日
 有効期間の末日  平成32年3月15日